珍念の過去



うい。和魂です。



放置プレイしてきた珍念に対する精神攻撃ですが、

このまま放置し続けると、

あの馬鹿は「 和魂要塞へのコバンザメ方式 」で

我がコミニティへの侵食を確実に進行しやがるので、

この辺で珍念の「 危険度 」を改めて公開しておきます。



えーぶっちゃけるとですね、

「 世界の中心で愛を叫ぶ妙な高校出身 」の我々は、

10年以上の腐れ縁でありまして、

互いに互いの恥に知悉しております。

その情報量は文字通り半端ではないワケです。



しかしながら、イザ晒すとなるとネタに詰まります。

なぜか?




それは「 旅の恥はかき捨て。俺達、旅人・無宿者 」という埒外な思想の下、

「 どちらも恥を恥とも思っていない 」からです。




ようするに「 恥の概念 」が土台欠落しているワケですね。

その上で、「 相手のをコテンパンにしよう 」とすると、

問題になってくるのは敵に与えられる実際的なダメージなワケですが、

互いにどのような「 暴露 」をされても多分に丈夫です。

無恥だからな。

容易には潰せません。( 真剣勝負




だいたい「 晒す側 」が「 どっから恥なのか 」、

線引きがまったく出来ないので、

ぶっちゃけ非常に難儀です。




例えばですね、

「 珍念といえば鋼鉄郎 」と言うぐらい、

奴の実父は「 その兇悪の程度 」が和魂の200倍くらい至悪なんですが、

どのくらい至悪かというと、

伊豆半島中の観光ホテルで「 暴れる板前 」として悪名を馳せており、

なぜか4年間ぐらいまるごと行方不明になったり、(しかも4年ぶりに帰ってきたり

珍念の家に遊びに言った和魂を怒鳴りつけて追い返したりと、

端的にいうと「 一般人ではない 」んですが、

珍念は「 この実父さえネタ 」にするというゴン太な神経を獲得しており、

容易には潰せません。




また、和魂の得意な「 家庭崩壊の術 」を使うにしても、

既にあの馬鹿(珍)は

10年位前に「 弟を体重を利したフットスタンプ10連発で半殺し 」にして以来、

「 実弟と完全な絶縁状態 」にあり、

ハナから崩壊してます。




では実母はどうか?

珍念の母上といえば、

「 珍念に似ずに美人 」であることで有名ですが、

この女性は「 和魂の恋人 」に対し、

「 和魂ちゃんは危ういからもう少し様子を見てから決めなさい 」とか

いらないことを平然と言うコワイ人であり、

実子の珍念にすら、

「 珍ちゃん、あなたまだHしたことないの?」とか

触れてはいけないところに直球を放る人間核弾頭であり、

俺ぁ、ぶっちゃけこの人だけは敵に回したくねえ。





ようするに、

外堀から粉砕するという「 反則ワザ 」すら、

珍念の無体な半生の前では効果を発揮しないわけです。



普段、珍念は太っているので周囲からかなり侮られていますが、

実際、潰そうとすると容易には粉砕できない頑健な雄といえます。

和魂がどうこうする以前に、

既に落城してます。

奴は城跡で元気です。(どかん





珍念には、

18禁パソコンエロゲーム「 家族計画 」をプレイし、

「 感動して泣く 」とかいう変態的な快楽傾向がありますが、

奴はそれさえも既にネタとして世間に発表しており、

隙のないダメっぷりです。

今更俺がどうこうする余地の無いほど荒廃しているワケですね。爆



また、和魂要塞の「 部屋の汚さ 」は、

「 砂場 」と称されるほど非道なことで有名ですが、( 土足で上がるから )

流し台が残飯山と化している珍念の部屋は、

「 菌糸類の苗床 」と渾名される程であり、( キノコが自生 )

1人暮らし時代の全盛期は「 胞子の濃度が半端ではない 」ことで勇名を馳せましたが、

その当時の「 現場写真 」すら、珍念はHPで公開してます。

なお、たまに和魂要塞にくるZILも我々の同輩ですが、

奴の部屋もまた、

1人暮らしの時代は「 床にホコリの地層が出来る 」くらい凄まじかったです。(不意打ち



全員、死角のないダメ加減といえます。




尚、システム屋であった珍念には、

「 みずほ銀行のシステムを壊れるように作った 」という前科がありますが、

奴はこの点に関しても、

「 俺の所為じゃぁ、ねえぜ。」と開き直っていやがり、

最早打つ出がありません。




長年付き合ってきて、

珍念がどうやら「 己の実弟すら半殺しにする暴力性 」を

恐れていることはわかっておりますが、

これにしたって珍念は、怒った際には容赦なく和魂をぶん殴っています。

グーでな。

ゲンコツでな。

俺ぁ何度、奴の筆箱にデカイ蜘蛛を仕掛けて半殺しの目に合わされたか知りません。

しかも奴ぁは全然反省してねえ。




ちなみに、

読者諸兄の中には、

「 和魂は凶暴 」というイメージがあるっぽいので念のため言っておきますが、

普通にZILや珍念の方が「 危ない 」です。



暴力プログラマーのZILなんか、

「 上司を鉄拳で血達磨にして始末書 」を書かされてますし、

「 自分の会社にハッキングして始末書 」を書かされていますし、

「 寝起きに和魂をぶん殴って 」それを起きたら忘れていますし、

300キロを隔てた和魂のPCにハッキングして、

「 デスクトップの壁紙変えろよ 」とか言ってくる真性の無法者です。

そのくせ俺にはハッキング技術を決して教えてくれません。

ケチです。




珍念に至っては、

体重が0.1トンという、我々とは「 単位の違う世界 」に生きていますし、

激怒するとガラス窓を蹴っ飛ばして「 自分の足ごと粉砕 」したり、無茶苦茶です。

スクーターを自重で「 壊した 」こともあります。

最近では軽自動車も自重で「 オシャカ 」にしました。

正に「 歩く災害 」です。

人間地盤沈下です。



これに対して和魂は、

車に轢かれた狸を獣医に連れて行って実家で保護して「 噛まれ 」たり、

巣から落ちたカケスの雛を拾って育て、途中で死なせてしまい「 泣いた 」り、

とてもいい奴です。





とゆーわけで、

もうすぐエキサイトが「 特定IDのカキコミ制限機能を追加 」するので、

和魂要塞常連諸兄は、

和魂要塞の身内であるZILと珍念からのカキコミが「 こわい場合 」、

追加機能を駆使して各自自衛手段を講ずることをオススメします。





以上、和魂要塞による業務連絡でございました。(趣旨が変わってる




※尚、最近御無沙汰の「 じんぐる 」ですが、

先週2段ベットの上段で散歩させていたところ落下し、

前歯が折れました。

「 あがあが 」って身体をいぞって悶えていましたが、今は元気です。

御心配なく。

でわでわ。
[PR]
by 201V1 | 2004-10-05 17:57 | カテゴライズ前・生ログ
<< 人生かね。 もっと光を >>