12年干支一回り
寝牛とLOVE ♪
勃つME ♪
馬執事!
サルトル犬イク!??

※NHK お義母さんと一緒より











ひゃっほー。

みゆき(中島)しか
iphoneに入っていない、和魂です。(みゆきのイメージ大ダウン)

ファイトォ!(俺たちのみゆき)








いやぁ、今年も末期ですね。(縁起でもねえ言いぐさ)



速いもんですナァ。



年月は。




12年前の今頃、
手前が何をしてたのか
思い返すも一興と
やおらプレイバックを試みる小生。


そういやぁ
この前の虎の暮れには
小生は、
まだ日本にいなかったデス。


記憶がすでにアヤフヤになってきているが
おそらく北インドあたりにいたように・・・思う。(葉っぱで記憶がバカになっ)


あの頃の小生は
全体
どんな20歳だったろう・・・・。



実際のところ
あんまし変わってねぇ気がするが
余所から見ると、どうなんだろうね。


錆びたかどうか、どうなんだろうね。

必死に砥いできたつもりだが、

一体ちゃんと、俺ぁ生きてこれたんだろうか。

大陸でコテンパンに負けて、

この国に逃げ帰ってきた、あの日から。
















当時の私から見た当時の私の印象。

当時の私から見た現在の私の印象。

現在の私から見た当時の私の印象。

現在の私から見た現在の私の印象。

当時の私に対し当時の他人が抱く印象。

当時の私に対し現在の他人が抱く印象。

現在の私に対し当時の他人が抱く印象。

現在の私に対し現在の他人が抱く印象。

当時の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

当時の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、当時の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、当時の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、当時の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、当時の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、現在の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、現在の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、現在の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

当時の他人が感じる、現在の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、当時の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、当時の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、当時の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、当時の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、現在の私が想像する、当時の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、現在の私が想像する、当時の私に現在の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、現在の私が想像する、現在の私に当時の他人が抱くであろう印象。

現在の他人が感じる、現在の私が想像する、現在の私に現在の他人が抱くであろう印象。






秤にかけて比べるには、あまりに不確かな「私」たちの群れ。





他人と手前の期待に埋もれていく手前の実像と、

手前の力と世界と間にあるの埋められぬ溝と、

埋まることのない喪失感が呼ぶ虚無の声が

俺たちの演じる20代のステージとバックコーラスだった。





実際のところ、

思い出の悉くは

大抵において暗く切なく

反吐を催す敗北感で満載だ。



でもきっとそれは

30代でも40代でも

多分同じなのである。


その理由は本質的に世界がクソだからだが

感じ方が年を食らって変わるのは

人が理不尽な運命と手前の無力に対して

どんどん鈍感になっていくからである。

※反面、大衆の悉くが蜜の味(他人の不幸)には貪欲になる。




その意味で、

20代の苦悩を忘れぬ限りは、

俺たちは

10代最後の自分を

裏切ることなく生きていることになる。




12年前求めていたのは、

不確かな何かではなかった。

確かな何かだった。



それが愛なのか、

別の何かなのか、

やっぱり金なのか、

どっかの神なのか、

決めるのは俺たちで、

決めないのすら

俺たちによる。




12年かけて小生にわかったのは

このあたりまでである。




ここまででいいのだ。




俺に今、知れるのは。





この先は、あと12年かけて、また答えを探しに行こう。






俺が探しているのはなんだったのか。

思い出すのではなく、

確かめるために。





だってそうだろ、ベイビー。





俺たちには、確かめる自由だけはあるんだから。








いざ、次の12年へ。














それではみなさん、12年後に会いましょう!(スケールだけ大物
[PR]
by 201V1 | 2010-12-09 00:24 | カテゴライズ前・生ログ
<< お知らせ 和魂要塞再び >>