戦国コピーペースト

 あんまし、

 こーゆーのは、
 
 しないのだが、

 度々偽書のそしりを受けながらも、

 今尚日本史上に燦然と輝く、

 時の権力者に向けられた、

 一振りの出刃の美しさを、

 紹介したい。







 力無きものたちに代わり、

 ひとりの男が、

 遠い昔、

 筆を取った。




 
 こういう男が、

 かつて、

 この国にはいたのである。










000000000000000000000000000000000000000000000000000000000



                          「 直江状 」



 今朔日の尊書、昨十三日に下着す。具に拝見、多幸多幸。

一、当国の儀、その元において種々雑説申すについて、内府様 (家康) ご不審の由、もっとも余儀なく候。さりながら、京・伏見の間にてさえ、色々雑説止まる時なく候。いわんや遠国と云い、景勝若輩と云い、似合いたる雑説と存じ候。苦しからざる儀に候の条、尊意安かるべく候。定めて連々聞こえしめし届けらるべく候こと。

一、景勝 (の)上洛延引につき、何かと申し廻り候由、不審に候。去々年に国替し、程なく上洛す。去年九月に下国し、当年正月時分に上洛申され候ては、いつの間に国の仕置を申し付くべく候や。なかんずく当国は雪国にて、十月より二月までは何事も罷りならず候。当国の案内者のお尋ねあるべく候。しからば正月より雑説全く上洛延引、景勝逆心、何者が具に存じ申し成り候やと、推測あたわず候こと。

一、景勝、別心なきにおいては、誓詞をもってなりとも申し上すべき由、去々年以来数通の起請文、反故に罷り成り候うえは、重ねては要らざる御事に候。

一、太閤様以来、景勝律儀の仁と思いめし候わば、今もって別儀あるべからず候。世上の朝変暮化には、相違候こと。

一、景勝心中、毛頭別心これなく候えども、讒人の申し成し御糺明なく、逆心とおぼしめすところ、是非に及ばず候。かねてまた御等閑なきしるしに候わば、讒人と御引き合わせ、是非をお尋ねしかるべく候。さようにこれなく候わば、内府様 (の) 表裏と存ずべきこと。

一、北国の肥後殿 (前田利長) の儀、おぼしめしのままに仰せ付けらるる由、御威光浅からず存じ候こと。

一、増右 (増田長盛)・大刑少 (大谷吉継) 御出頭の由、珍重に候。用所の儀、申し越すべく候。榊式太 (榊原康政) は景勝 (の) 表向きの取次ぎにて候。しからば景勝の逆心歴然に候とも、一応異見に及び候てこそ侍の筋目、または内府様の御為にもまかりなるべきのところ、讒人の堀監物(が)奏者を仕られ、種々の才覚をもって申し妨げらるべき儀にては、これなく候。忠臣か佞人か、ご分別次第、重ねて頼み入るべきこと。

一、第一に雑説、上洛延引に及び候。御断り、右に申しのぶるがごとく候こと。

一、第二に武具集め候こと、上方の武士は、今焼茶碗、炭取瓢以下の人たらし道具をご所持候。田舎武士は、鑓・鉄砲・弓箭の道具を支度申し候。その国々の風俗とおぼしめし、ご不審あるまじく候。たとい世上にこれなき支度申し候て、似合わざる道具を用意申され候とも、景勝の分限、いか程のことこれあり候や。天下に似合わざるご沙汰と存ぜしめ候こと。

一、第三に道作り、舟橋申し付けられ、往還の煩いこれなきようにと仕られ候は、国を抱えられ候役儀にて候条、かくのごとく候。越後においても、舟橋・道作り候。しかれば端々残り候てこれあるべく候。淵底、堀監物 (が) 存ずべく候。当国へ罷り移られとき、仕置もこれなきことに候。本国といい、久太郎 (堀直政) 踏みつぶし候に、何の手間入るべく候や。道作るまでに行きたらず候。景勝の領分、越後は申すに及ばず、上野・下野・岩城・相馬・政宗 (伊達) 領・最上・由利・仙北へ相堺い、道作り何れも同前に候。自余の衆は何れとも申されずに候に、堀監物ばかり道作りに懼れ候て、色々の儀、申し成し候。よくよく弓箭を知らざる分別なき者と思しめさるべく候。景勝に天下に対し逆心の企てこれあり候わば、諸堺目、堀切、道を塞ぎ、防戦の支度をこそ仕らるべく候へ。十方へ道を作り付けて逆心のうえ、自然人数を向かわせられ候わば、一方の防ぎさえ罷りなるまじく候。いわんや十方を防ぎ候こと罷りなるものにて候や。たとい他国に取り出で候とも、一方へこそ景勝相当の出勢罷りなるべく候。二口ともいかんとして罷りなるべく候や。なかなか是非に及ばず、うつけ者と存じ候。景勝、領分に道・橋を申し付け候体、江戸より切々の御使者、白川口の体、御見分けあるべく候。そのほか奥州筋へも、御使者上下致され候条、お尋ねもっともに候。なおご不審に候わば、御使者を下され、所々堺目の体を見なされ候て、御合点参るべく候こと。

一、御等閑なき間とても、以来、虚言になる様の儀は、自他をして仰せられまじき由に候えども、高麗降参申さず候えば、来年か来々年は御人数遣わすとこれあらば、誠に虚説たるべきか。一笑々々。

一、景勝、当年三月は謙信追善に相当たり候条、左様の暇を明けられ、夏中にはお見舞いとして上洛仕るべき内存ゆえ、人数武具以下、国の覚・仕置のために候条、在国中にきっと相調え候様にと用意申すところに、増右・大刑少より使者申し越され候わば、景勝逆心の沙汰、穏便ならず候条、別心なきにおいては上洛もっともの由、内府様ご内証の由に候。とても御等閑なく候わば、讒人の申し成しを有様に仰せ聞かされ、きっと御糺明候てこそ、ご懇切の印たるべき処に、意趣なく逆心と申し触れ候条、別心なくば上洛候へなどと、乳呑子あいしらい是非に及ばず候。昨日まで逆心を企て候者も、その儀はずれ候えば、知らぬ顔にて上洛仕り、あるいは縁者、あるいは新知行を取り、恥不足をもかえりみぬ人の交わりをなし候。当世風は、景勝身上に不相応に候。心中別儀なく候えども、逆心天下にその隠れなく候を、無左と上洛せば、累代律儀の名弓箭の覚を失い候条、讒人と引き合わされ、御糺明これなくば、上洛罷りなるまじく候。右の趣、景勝理か非か尊慮に過ぐベからず候。なかんずく景勝家中、藤田能登(信吉)と申す者、去年半ば当国を引ききり、江戸へ罷り越し、それより上洛仕る由に候条、万事、知り申すべく候。景勝まかり違い候か、内府様ご表裏か、世上の沙汰次第に候こと。

一、千言万句も入らず候。景勝毛頭、別心これなく候。上洛の儀は罷りならず候様に御しかけ候条、是非に及ばず候。この上は、内府様ご分別次第に上洛申さるべく候。たといこのまま在国申され候とも、太閤様御置目に相背き、数通の起請文を反故になし、ご幼少の秀頼様を見放し申され、内府様へ不首尾を仕られ、こなたより手出し致して候て、天下の主になられ候とも、悪人の名遁れず候条、末代の恥辱たるべく候。このところ (を) 遠慮なく、何しに逆心仕らるべく候や。お心安かるべく候。ただし讒人の申し成しを実義と思しめし、不儀の御拵えにおいては、是非に及ばず。誓紙も堅約もいるまじく候こと。

一、そこ元において景勝逆心と申しなし候ごとく、隣国においても会津働きとて触れ廻し候。あるいは城に人質を入れ、兵糧を支度し、あるいは堺目人質を取り、所々口留めを仕られ、様々の雑説ともに候えども、分別なき者の仕ることに候条、聞くも入らず候こと。

一、内々に内府様へ使者をもってなりと申しのぶべく候えども、隣国より讒人打ち詰め、種々申しなし、家中より藤田引ききり候の条、逆心歴然に思しめさるべきところ、ご音信などと申し上され候わば、表裏ものの第一とご沙汰これあるべく候条、右の条々、御糺明なきうちは申し上されまじき由に候。全く疎意これなき通り、せっかくのお取り成し我らにおいても畏み入るべく候こと。

一、何事も遠国ながら校量仕る儀候条、有様に仰せ聞かさるべく候。当世様に余情がましきこと候えば、自然誠のことも嘘の様に罷り成り候。申すまでもなく候えども、御目にかけらると云い、天下黒白をご存知の儀に候条、書付け参らせ候。慮外少なからず候えども、愚意を申しのべ候。尊意を得べく、その憚りをかえりみず候。侍者奏達。恐惺敬白。

直江山城守兼続

四月十四日

 




0000000000000000000000000000000000000000000000000













こんな男が、

この国には、

いたのである。
[PR]
by 201V1 | 2005-09-27 17:34 | カテゴライズ前・生ログ
<< お勉強 和魂出刃・ビジネスモデル >>