「 御術 」

一己の人間には、

制御(干渉・関与)できる確度が高い事柄と、

制御が困難を極め事実上それが不可能な事柄の、

二つがある。




問題の仕組みと具合に目を凝らし、

手前の引き出しの中身と照らし合わせれば、

解決に至る経緯と方法が実現可能な程度のものと、

最早どうにもならないものの区別は、

早々ごちゃ混ぜにはならない。






コントロールが不可能なものは切り捨て、

コントロールが可能なものの中から、

必要性があるものを選び、

実現の程度が高いものに専心・注力する決断が、

人が世界に関与し、

自ら自分の人生を掴み取っていく糸口を造る。





それができなければ、

まぁ、

どんなに命を回しても、

空転よろしく、

確変は来ず、

人生の設定は「 1 」のまま、

果てしなきストックタイムに突入し、

なんというか、

その人の生涯は、

呑まれて終わる。



















小生は昔、

コントロール可能な事柄と、

不可能な事柄の区別を、

今ほど明確に行う事ができず、

それは当然、

コントロール不可能な事に心を砕き翻弄され、

徒に消耗し尽くした挙句の果て、

自身の人生が明後日の方向に転がるという結果を招き、

お陰様であまり冗談事で済まない目玉を食らわされてきた。






今思うと、

下手を打っていた頃の自分は、

明らかに当時の自分には制御不可能な事柄を、

おこがましくも制御できるものと考え、

戦略も戦術ももたぬまま、

解決へのフローを描かぬままに、

命を削っていた様に思う。





まぁ、

確かに、

長期的に見れば非常に得るものの多い、

必要な経験だったとは思うが、

ぶっちゃけてしまえば、

何一つ上手くいかねえ原因の全ては、

コントロールの可能不可能に対する線引きの出来ぬ、

小生覚悟のなさが招いた、

愚昧極まる徒労と消耗であったと断言できる。





その意味で、

コントロール不能の事柄に専心・注力する馬鹿は、

本物の馬鹿でない限り、

その経験から得がたいものを得るだろうが、

本質的には、

まぁ、

迷惑な阿呆でしかない。





小生は、

人に迷惑をかけるのが、

嫌である。




散々に迷惑をかけまくり、

今日まで生きてきたが、

この上、

開き直って他人様に迷惑をかけるような畜生道を歩むのは、

断じて嫌である。






したがって、

己の成長に関する方法論から、

「 コントロール不能の事柄に注力する 」という手段を、

かなり前に捨てることを選んだ。






徒労からすら、

人は学ぶ事ができるが、

それは非常に迷惑な「 キャリアアップ 」のやり口であり、

その人を愛するものは、

その馬鹿がどう転んでも、

多大なとばっちりを理不尽に喰らう。





まぁ、

たとえその馬鹿が全人類に愛されていなくても、

そいつが無人島にでも住んでいない限り、

まわりの人間は、

その馬鹿が繰り広げる、

「 壮大な無駄 」によって、

目に見えぬ被害を蒙ること必定であろう。





したがって、

若者はまぁ、

若者は馬鹿が専売特許のようなものだし、

それしか武器がねぇんだから、

しょうがねぇとしても、

長じてからも無駄を続けるアンポンタンは、

脳改造を受けるか、

息の根を止めるかして、

生まれ変わらねばならぬことになる。(公害だからな)

















































論点がずれたが、

今回のお話は、

無駄によって生じる公害についてではなく、

無駄によって生じる個人の損耗についての話であり、

大体にして、

土台、

御しがたい馬鹿なのだから、(冷たくするしかねえ←二つの意味で)

この際、

連中の処置については関知しないことにして筆を先に進めよう。









大切なのは、

自身の人生を掌握するために、

可能な限りにおいて、

命を尽くしきり、

骨と皮だけになって、

死ねるよう、

生き抜くことである。




それがあって初めて、

「 己の一念を貫くために、生死は問うところではない 」

という狂気が、

生きるんである。

















小生は、

今、

だから制御する力を伸ばさんと、

している。






















存外、

世の中ってのは、

手の届くことが多い。







手の届かない事柄も、

無数にあるがね。








糸口さえあれば、

人間は必ず、

突破口を開ける。
























思うほど、

人生ってなぁ、

思い通りにいかないもんじゃあ、

ねえんだぜ。




制御できる事柄は、

必ずある。














できねえのは、

しねえからだ。






できねえのは、

できねえことを、

しようとするからだ。




































































人生は掌握できる。




制御という行為そのものを、

人が放棄しない限り。





























世界に傀儡師は存在しない。

ただ人が、

傀儡師を求め、

傀儡であることを、

止めないだけだ。





世界は傀儡師そのものかもしれないけれど、

糸を断ち切らないのは、

人である。



































いつでもその糸は切れるのに。
[PR]
by 201V1 | 2005-10-02 02:41 | カテゴライズ前・生ログ
<< 機会は巡らぬ お勉強 >>