幸せになるために。
オプティミスト(楽観主義)とぺシミスト(悲観主義)。

ポジティブ思考とネガティブ思考。





ポジティブ思考のオプティミストは迷惑千万であり、

ネガティブ思考のペシミストは実用に耐えず、

ネガティブ思考のオプティミストに生産性はない。






というわけで、

小生は、

「 なにより不愉快でない 」という意味で、

悲観主義的観点に立って、

具体的打開策を探るポジティブ系の人材に、

有用性を認めている。







言い換えるなら小生は、

大前提として楽観主義者を全体的に憎悪しており、

ネガティブな発想でしかモノを考えられん手合いを、

用を成さぬあんぽんつくと、

断じているわけだが、

この結論に至るまでには、

人間を始めてから25年以上の歳月がかかっており、

膨大な労力を、

オプティミストとネガティビアンによって、

無駄にされた経験によるもんなので、

一切の異論反論は却下する。







世界を支えているのは、

ポジティブなペシミストたちだ。









オプティミストとペシミスト、

ポジティブ思考とネガティブ思考を考えるとき、

重要なのは、

やはりその「 ククラレタコトバ 」の再定義であり、

馬鹿でこの世が満ち溢れている最大の原因は、

「 ククラレタコトバ 」をてめえなりに紐解かずに使う阿呆の絶対数が、

大分に多い為であり、

不幸の源は馬鹿に尽きるわけで、

小生は不幸と戦うことにした。









まず、

楽観主義とは、

「 うまくいく事 」を前提にスタートする連中であり、

「 手前が絡む限りうまくはいかんのだよワトソン君 」という一般常識を知らぬ、

「 こうなったらいいなあ 」という希望的観測に人格を侵食された

メルヘン世界の住人であり、悪夢のドリーマーである。


彼らの最大の特徴は、

ほとんどの全てのトラブルに対する備えと覚悟がねえ点であり、

それが為に緊急時において入力できるコマンドがパニックしかなく、

混乱の中で思いつくアイデアの悉くに、

ナウマン象も即死するクラスの大穴があるとゆー、

「 バーサクとのメダパニ和え 」的症状が恒常的に見られることに尽きる。

その言動は軽挙妄動の権化そのもので、

結果、経営者・トップに多いという恐ろしいオマケがつく。




これに対して、

悲観主義とは、

「 うまくはいかねえ事 」を前提に、

「 どんなまずいことが起きる可能性(回避不可能なものも含め)があるのか? 」

「 まずくしないにはどうするべきか(事前策の有無)? 」

「 まずくなってから巻き返す手はあるか(対処策の有無)? 」と考え、

起こりうる問題を想定しその解決に対する手配を先回りする、

リアルな戦場に生きるサバイバーである。


連中の特質は、

自分でコントロールできない範囲と、

できる範囲を色分けし、

できない範囲で起き得る問題と逆風を可能な限り想定し、

できる範囲で問題解決の具体策と逆風の利用方法を模索する準備を、

事を始める前に進める点であり、

敗北しないための勝利条件を事前に設定して初めて、

事に当たる点であろう。





ポジティブ思考とは、
[PR]
by 201V1 | 2008-01-15 01:56
<< 半年前速報~ 人々と世界と君と >>