~間合い~ 出会いを求める君へ。

間合いを詰めて、人はもう一段深いトコで出会う。







この意味で、知り合って20年、同じ席で酒を飲むようになって10年経って、

もう一度その人と「 出会う 」って体験を、結構な人間がやっている。





この一段深いところで繋がる出会いを、邂逅ってナマエで先人達は呼んだ。

出会いってなあ、ホントはコイツのことを言う。

コンビニのコンニチワ・イラッシャイマセのことを指すんじゃねえ。

馴れ合いの酒を指すんじゃねえ。




出会いってなあ、

剥き身の出刃をひっさげて、

一撃必倒の間合いまで踏み込んで

初めて巡ってくる彗星だ。

自分で掴む星である。




この出刃は相手の喉下に突きつける為のもんじゃない。




相手の拳に握らせて、

こっちの喉笛に刃をあてがわせるための出刃だ。

そうやって捨て身で真剣の勝負を相手に求めれば、

語り合うに足る人間の多くは、

その間合いから逃げたりしない。




出会いってなあ、

そうやって捨て身で造るに足るもんだ。

待ってるだけじゃ、容易に出会いはやってこない。

奇跡はおこることが奇跡だから奇跡と呼ばれる。

奇跡を座して待つ奴をして、へなちょこと言う。





「つまんねえ人間ばっかだぜ」

「人間なんざ語るに堕ちるぜ」





そー思ってる奴はアマちゃんだ。

ひょーろく玉だ。

しけた酔いどれ線香花火だ。




周りの人間がつまんなく見えるのは、

君が「 踏み込まない 」からなんだぜ。

君が出刃を相手に渡さないから、真剣の勝負が始まらないのだよ。

びびっちゃダメよ、闘士なら。






「 さあこい。さあ刺せ。さあ殺せ。 」






しない剣道じゃ、相手の命を奪えない。手前の命も晒せない。

魂の見えない一千の戦いなんかより、

たった一度の真剣の切り合いがどれほど多くのことを教えてくれるか。

だから人は真剣の勝負を挑む。

「 いかが?」ってね。

白光りする出刃ぶらさげて、「 いかが?」ってね。





果たし状を送る。

果たし状を受ける。

間合いの内側で人と出会う。







ノーガードってなあ、このことを言う。





出会いがなきゃあ、

この星から人間があふれ出しても人は1人だ。




「 人物 」ってのはゴマンといる。

出刃を突きつけあうに足る達者は、まわりにゴロゴロしてるんだぜ?

挨拶してる人々のなかには、出会っていないその人がいる。





出刃を抜いてみな。

最初はね、下手な誘いでポカンとふられることが多いかもしれん。

でかい恥をかいて、でかい恥をかかせて、

果し合いまで持ってく器量が、ちょぴりづつだが備わっていく。

そうやって出会あう機会を作る器量を育てるんだ。




「 いかが! 」




斬り合いに持っていくんだ。

出会いたいなら出刃を抜いて相手に渡せ。

じゃなきゃ生きてる意味の半分はねえ。





「 いざ尋常に!」

「 すわこそ!」





出会いってなあ、こうじゃなくちゃよ。

いくぜベイビー?

刃ぁ抜きな。

白刃煌く命の舞踏。

同じ馬鹿なら踊らにゃ損だぜ。
















侠の邂逅ってなあ、このことよ。
[PR]
by 201V1 | 2004-07-27 12:42 | カテゴライズ前・生ログ
<< 皆へ。怒ってくれてもかまわん。... 物 >>