血と水と



とゆーわけで、親知らずもなんのその。

俄然、飲酒。

ビールうまい!



歯医者は飲酒は控えるようにとか言ってました。

運動も控えるようにとか言ってましたね。



ぬははははははは。

ビール片手にボッケン振ってやるぜえええええ。

おらおら。( マラリアの薬を飲まずに捨てた蛮勇健在 )



とゆーわけで、鍛えまくってる201V1。

最近ボッケンの速度が上がってきました。

まぁ腕が野太くなってきたので当たり前といえば当たり前ですね。

風斬り音がすごい良き響き。

誰か何かを叩きたい。( やめろ )





せっかくなので駄文をひとつ。












~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





えー300年くらい遡ってですね、

そのとき御先祖様が何人くらいいたのか考えて見ます。



300年ってゆーと約10世代です。

ここでは10世代って大雑把に決めちゃいます。

するとですね、

なんと300年前の直系の御先祖様の人数は1024人。





わお。





なまら多いです。





さらに100年ほど逆行し、14世代遡ると御先祖は16000人を越えます。

町民総出で「 貴方 」を作ったワケですね。

NASAのロケットなみのエネルギーが注がれて今貴方はここにいるわけです。




lこれが20世代遡ると御先祖は100万人を突破する。

わずか600年前に過ぎません。

鎌倉幕府の時代です。

600年前、100万の御先祖の誰か1人が子孫を残す前に死んでいたら、

貴方はココにはいません。

受精の確率以前の段階から、貴方の存在はこの世の奇跡と断言できる。




こーやって考えるとですね、

我々の遺伝子に発現せずに眠ってる幾千万の可能性が、ひしひし伝わってきます。




100万人の「 性質 」すべてを発揮できるよーな器用な人間は、この世界にはいません。

ですが遺伝子情報は100万なんかじゃ全然効かない。

よーするにですね、

親ぁ見ただけじゃ、何もわかんないワケよ。

我々がどんな人間かは。

サラブレッドが兄弟でもスゲエのと普通なのがいるみたいにね。




で、考える。

親子の絆ってなによって。




「 親 」って概念を考える。

なんぞや?ってね。




あと100年か200年かしたら、

試験管ベイビーが締める人口シェアは相当なものになってるでしょう。

もちろんキリスト教のオカシイ奴等は比喩抜きで「 イエスの子供 」とか造り始めます。

坂本竜馬のクローンだって作れるでしょう。

「設計の親」「遺伝情報の親」「培養の親」「育ての親」が全部違う人だって現れる。

「親」の概念はもうすぐぶっ壊れる。

そのとき我々昭和の生まれの人間とは、まったく異なる「 親 」の概念をもつ世代が現れる。





これを踏まえて考える「 親 」の概念。

かなり興味深い思索です。




単純にね、遺伝子のプールって考えた場合、

「 二親 」ってのはイマイチ参考にならない。

発現してない素養が多すぎる。

じゃあ御先祖は?っていってもそんなもんは死んじまってて見当たらない。

現実には、自分の遺伝情報に関する信頼性の高い標本はこの世界にはないのである。




「 その血に乞食の血と王の血を持たぬものはいない 」とはどっかの格言にあったが、

これは正しく言いえて妙である。




御先祖にはいろんな奴がいる。




快楽殺人犯だっている。

誰かの為に命を捨てた勇者だっている。

なんてったって高々600年前で100万人である。

世の中の全部の職業を洗ったってそんな数にはならない。




「 親 」ってなんですか?



まぁ、昭和世代の我々には難しい問いではある。



けれども200年後の人類はあっけらかんと答えるはずだ、

「 ただの概念です 」

「 形骸化した概念です 」ってね。

そーゆー世界の寸前に我々は生きているのである。

彼らは言うでしょう。

「  誰を「 親 」として認めるかは我々の決めることです 」ってね。

奴等は真実に到達する。

俺たち昭和の人間がなかなか掴めない真実をいともカンタンに掴む。






よーするに今日の「 親子の絆 」って概念は、実はかなりキナクサイものがあるのである。




集団で生活する人類にとって、「 団結 」ってなあ生存の為の重要なファクターである。

村単位では「 寄り合い 」で結束し、互いを助け合い束縛しあう。

家族単位では「 血の絆 」ってやつで、互いを補助し同時に縛る。

これはおよそ全ての文化圏に共通する「 やり方 」であり、

日本の場合は「 儒教 」の「 考 」の倫理がこのシバリの任を仰せつかった。






「 親孝行しなさい 」

儒の考の教えである。

クソクラエである。

孝行するかどうかは「 親 」の質を見てキメりゃあいいんだ。

手前がどのように育てられたかで決めて当然の始末だ。

親と仲良くするも仲たがいするかも、人間には選択する自由がある。




人として惚れれるなら命をかければいい。

尊敬できないなら捨てちまっていいんである。

生んだからって一時で、甘ったれてもらっちゃ困る。

親子の絆なんざ、社会が植えつけたクソみてな呪いなんだよ。







社会にはびこるクソみてえな儒教の教えが、人の自由を縛り付けているのが日本だ。

日本人の多くは、この呪詛に深層意識を毒されて育てられている。

「考」

社会通念による人の奴隷化がずーっと行なわれてきたわけだ。






ふざけるんじゃねえよ、社会通念。

どれだけ人間を虚仮にすりゃ気が済むんだ。

俺らは選択する。

俺たちは、誰の子供に生まれちまうかは選べねえが、

誰を「 親 」として付き合うかは選べるんだぜ。





「 親と子 」の間の絆ってなあ、

親が子に愛を与えることで育む種類の「 繋がり 」である。

子が親に感じる絆は「 繋がり 」か「 呪い 」の二つに一つだ。

くそったれの社会通念が、一体何代祟れば気が済むってんだ。

ふざけやがって。

























「 血は水よりも濃い 」。好きな言葉だ。

この一節の「水」は、「土地の水」をあらわしている。

帰属する集団からの影響より、親からの愛のほうが、強く子には現れるといった意味だ。


これは正しい。







だがね、一方にゃあ、こうゆう格言もある。

「 水は血よりも濃い 」

日本語の妙ってやつで、このときの「 水 」は「 カタメの盃 」のことを指してる。

よーするに、義兄弟の契りであって、友人や恋人との「 結ばれた絆 」のことだ。


これは真に正しいといえるだろう。









俺らは選択できる生き物である。

儒の考による呪いがそれを阻む。

与えられなかったものを欲求する生理が判断を曇らす。



確かにね、血は水よりも濃い。

愛を沢山もらって育つ人もいれば、

痛え傷を沢山こしらえて大人にならなきゃいけねえ人だっている。

これは選べない。

誰の子供として生まれるか選べない限りは。






でもね、水ってなあ血より濃いんだ。

勝ち取った盃の水は、血より濃く、深く、身体に流れる可能性がある。

盃を捨てなければ、水は血を越える。





俺らはね、友人を選ぶのと同じ気持ちで、親を選ぶ権利がある。

それを阻むのが儒と生理の呪いだ。





断ち切るには勇気がいる。




だがね、人が愛する人を幸せにするんだって決めたなら、

なにがどうあったって呪いは断ち切らなきゃいけない。




呪いを断ち切らず、クソみてえなキナクサイ「 親子の縁 」を引きずれば、

自分がかつて喰らったダメージを、愛する人まで一緒に喰らうハメになる。

業ってなあ、断ち切らなければならないんだ。

100万の御先祖の生んだ奇跡にかけて。



100万の慈しみを受けて生まれた君は、絶対に幸せにならなくっちゃいけない。




~   血に流れる唯一のオキテは、盃の水に生きて幸せになることだ。  ~




断ち切るんだぜ。呪詛を。



愛する人と共に幸せになることは、人の務めです。




今はいなくとも、今は必要がなくても、

時が満ちれば必ず現れる貴方の半身に出会う日に、

貴方は呪いを断ち切って望まなきゃいけない。

盃の水に生きるのが人のツトメだからだ。








水は血より濃い。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

和魂要塞・城代201V1。

祈りを込めて駄文をつづる。
[PR]
by 201V1 | 2004-08-05 05:50 | カテゴライズ前・生ログ
<< 和魂要塞のIQ ともだちへ >>