続・和魂的中国神怪世界

前回に続いて今回も「 神怪の考察 」です。

コンテンツは、
 


 中国の神の実態      ・ 神と仙人の概念的相違について検証します。
 
 道教・神仙道の真実    ・ 道教・神仙道をえぐります。
 
 方術              ・ 道教の道士たちの用いる方術の詳細です。

 五行陰陽思想と八卦    ・ 中華の核心部分を網羅。



です。(面倒くさいので、仙界の全容・神怪世界の全容を簡易におさらい。は削ります)

それではブチかましてみませう。





○中国(道教)の神の実態




道教における「 神 」という概念は、

3つのカオを持つ。



創造主や司る者たちに対して、畏怖と敬愛と共に人々の口に上る「 神 」。

「 ○○の係 」という意味で、天界の内部で与えられるココが与えられる「 神 」の役職。

人間に使役されてしまう低級霊に与えられる天界の眷属という意味の便宜的な「 神 」。





これら三つの意味で「 神 」という言葉は中国神怪世界に存在している。






では「 仙人 」はどうだろうか?

「 仙人 」は端的に言うと「 道と合一した人間を超える存在。 」である。

「 超越者 」と定義することもできる。





つまりである。




中国神怪世界における、至上の号ってなあ、

超越者としての「 仙人 」であり、「 神 」ではないのである。




天帝や三清は、「 最高の仙人として崇められている神 」であり、

神だから崇められているワケではない。( ココ重要です )

最高の仙人という「 位置 」から「 神 」と呼ばれているのである。



中国神怪世界における「 神 」と「 仙人 」の相関のキモはここにある。



道教・神仙道が目指すのものは、

超越者に遷るという意味での「 遷る人 」であり、「 遷人=仙人 」である。

「 神 」ってなあ、どこまでも位階と役職をあらわす「 冠 」に過ぎないのだ。





つまりだ。

人は「 仙人 」になるということは、「 創造主 」と肩をならべるということを意味する。



中国の神怪世界が、他の文化圏ともっとも異なる点はここにあるのだ。




他の文化圏では「 神々>人間 」であり、これが覆ることはまずないといっていい。

神と人の間には天地の開きがあり、

チンパンジーが人間になれないのと同様に、人もまた神にはなれない。

魔法使いは単なる「 賢いチンパンジー 」に過ぎないのだ。

「 聖人 」でさえ、「 偉いチンパンジー 」という意味で扱われる。





しかしながら、中国神怪世界は違う。

人は仙道をなして「 真人 」になることで、

創造主たちと同じ「 仙人 」に生まれ変われるのである。






それは、チンパンジーが人間に生まれ変わるのによく似ている。





道教とは、神仙道とは、創造主と肩を並べることを目指した思想である。






ここら辺の人間力の凄味は、

全世界を見渡しても、中国神怪世界以外には見当たらない。






○ 道教・神仙道の本質


ユダヤ・キリスト・イスラムは、天国に行く為の宗教である。

仏教は、輪廻の業から解き放たれることを目指した宗教である。

ヒンドゥー教は、来世の可能性にかけ浮世を偲ぶ宗教である。





道教・神仙道は違う。彼らが究極的に目指しているのは、造物主と肩を並べることだ。




それは因果律と運命律の超越を意味する。




彼らが真に目指したのは、「 道 」と合一することで造物主と肩を並べ、

造物主の手のひらで踊る人生からの解放だった。



それは偉大なる反逆である。



道教が道教たる所以は、この「 凄味 」にあるのである。










ある者は、長生と死後の幸福を希求して道教の神々に祈った。

ある者は、永遠の命と異能の力を求めて、仙術の修行に入った。

ある者は、道と合一することで、命に眠る本性に殉じて生きようとした。

そしてある者は、人の限界を超え、造物主と肩をならべることを目指した。

真の自由を求めて。




道教には、人間の全てが詰まっていると思う。




中国4000年。侮りがたい底力を秘めている。












○ 方術

えー、ここらへんは厳密にやるとマニアックすぎるのでカンタンに行きます。

道教・神仙道の「 魔術 」である方術には、大別して以下の種類があります。



内丹法・符咒・外丹法・ショウ・・左道の5つです。

メチャおおざっぱに別けるとこーなります。

左から順に現代道教的に「 よきもの 」と見なされているものを並べました。

右に行くほど「 あしきもの 」になります。

さすが中国4000年。

「 よきもの・あしきもの 」って形で編者が別けなきゃいけなくなるほどの混乱ぶり。笑
[PR]
by 201V1 | 2004-08-26 06:40 | カテゴライズ前・生ログ
<< 読解に投影される魂魄 サッチャー氏長男逮捕 クーデタ... >>