はじめに虚無ありき


「 宗教は麻薬である 」

有名な腐った正論です。



「 価値観もまた麻薬である 」

名もなき馬鹿の妄言である。











どちらも核心は同じである。

虚無だ。





俺はね、「 宗教は麻薬である 」って豪語しながら

公然と神仏に供え物をし、先祖を敬うクソ坊主に敬意を払います。



それと同様に、何かを高らかに歌うなら、

「 価値観もまた麻薬である 」って諸刃の匕首を呑みながら生きて行くと決めてます。






でなけりゃ、全部がウソになる。






腰の砕けた意地はいらない。

唸る拳に取り繕った正論はいらない。

欲しいのは整然とした理屈じゃねえのだ。

世界が求めているのはいつだって、

魂魄を揺さぶる無条件の気炎である。




気炎もまた麻薬かもしれない。



全てを虚構と知りながら、僕らは尚進む。



ここが人の本領です。

チンパンやボノボが永久に未踏で終わる人の領域。

小生は、ここに終の住まいを求めます。

ここから全てを歌いきる。

麻薬を麻薬と識って呑む。

劇薬を劇薬と識って歌う。

その効果だけを信じながら。




善意の売人なんてまっぴらごめんだ。

生きていくなら確信犯的に言霊をばら撒いて行く。

複製子ってなあ、そういう覚悟で悪人面して威風堂々と、天下にばら撒くものである。

無意識にテロなんて間抜けは小生はイヤだ。






とゆーわけで、

小生は今後も俄然無茶苦茶なことを書き続けよう。

虚無に抗うために。

全ての抵抗者の鍛冶屋になろう。

















刀は作ってやる。

全軍、抜刀せよ。

狼煙は上がった、切り込め兄弟。

砦の上に世界を築け。
[PR]
by 201V1 | 2004-09-01 18:39 | カテゴライズ前・生ログ
<< 夢想オフ会 者共、死地にて対決せよ。 >>