病臥する和魂
持病


一見頑丈に見える小生にも、いくつか持病がある。

その一つが心臓痛だ。




たまに「 ビキキ 」という怪音とともに、

心の臓が「 うぎゃお 」という。

ヒビでも入ったんじゃねえかってゆー、鋭い痛みである。

まぁ、痛いだけで実生活に支障はないので四半世紀野放しだが、

なかなか死なない。

つまりは死病ではないので、屁である。




2つ目がピリピリ病だ。

これは突如として、背中やお尻に電撃が走るという奇病である。

小生は、俗に言う帯電体質とか言うヤツで、

乾燥期には放電体質に変わる。

職場では、同僚の尽くが小生と通路で擦れ違うたびに感電し、

悲鳴を上げていた。

既に高圧に慣れきっている小生には大した痛みではないが、

一般の方々には「 耐え難い痛み 」であるらしい。

冬季には、小生はFDに触れない。

データが全部飛ぶからである。




第3が、

「 無差別カッケ 」である。

たまーに忘れた頃にやってくる、無意識の蹴りだ。

一種のチックかもしれん。

突如自らの意思に反して右足が蹴りを繰り出すのである。

「 ゴッシャア! 」

半年一回ほど、忘れた頃にやってくるキチガイじみた蹴り。

幸い人間を蹴ったことはないが、家電製品を廃品に変じさせた前科がある。

つらすぎる人生である。







またなにか、変な病気がでてきたら報告します。

和魂でした。

アデュー。
[PR]
by 201V1 | 2004-09-07 15:46 | カテゴライズ前・生ログ
<< 週末まで、ねっと接続不能になります 大事箱 >>