「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
車・車・車

 というわけで、

 いい加減、

 様々な点を考慮した結果、

 運転免許が要るだろう、

 人生にはたぶん。

 ということになり、

 小生は、
 
 教習所に通ったわけだ。

 てくてくな。







 なんというか、

 貴様、

 手前、

 野郎、

 ふざけろと、

 何度、

 声を荒げ、

 血管をびぐびぐさせ、

 教官(指導員)の胸ぐら掴み、

 もうこの際、

 なんでもいいから、

 臭い飯を食らってやろうと、

 傷害致死を考えたか、

 記憶を掘り尽くしても尽くしても、

 尽き果てぬ、

 殺意満々たる暗鬱の日々であった。

 げっそりだぜ。ベイベー。





 まぁ、

 とりあえず教官連中の接遇態度とかが、

 漲るくらい駄目なのは、

 古今東西の常識だので、

 全局面的に放っておくことにして、

 話を進める。





 ご存知のとおり、

 小生は、

 ケニアの有効期限切れした四輪免許を持っている。

 そればかりか、

 有効期限の切れた国際四輪免許すら持っているのだ。

 10代のとき、賄賂で買ったのだ。(どかん




 あれから10年。

 ナイロビの教習所では、

 どだい10時間しか乗っちゃいないし、

 だいたいにして、

 いきなり路上教習だったし、

 まずもって信号の見当たらない国だし、

 教官本人に制限速度の遵守とかいう意識がまるでない状況下だし、

 での、

 賄賂に物を言わせて取得した、

 アナーキーな免許なので、

 小生の実際的な運転技術の程度は、

 10代の当時ですら

 危険という要素において、

 そこいらの30年ペーパードライバーを遥かに凌いでいた。




 というわけで、

 元免許もちといえども、

 あれから10年もたってしまった時点では、

 小生は、

 エンジンのかけ方すら忘れていた。(忘れずぎ





 というわけで、

 まぁ、

 人間50年なので、

 小生はもはや下り坂の年齢だので、

 当然、

 記憶力は、

 著しく減退・衰退・劣化しているわけで、

 運転への順応には、

 相当の苦労があった。




 
 最短34時間の実技教習は、

 2段階の半ばでやった縦列と転換を、

 卒業試験前の見極めにおいてすっかり忘れており、

 それが祟って3時間オーバー。(思い出すのに3時間かかった勘定←ばか





 球技全般がまるで駄目である小生は、

 ようするに、

 自分の体以外は巧みに操作が適わん性質なので、

 無論車とかは論外であり、

 ぶっちゃけよくぞ3時間のオーバーでクリアしたと感心する。




 まぁ、

 なんつうか、

 我ながら、

 適正は果てしなくなかった。




 1段階では、

 終始パニック。

 「 右折?」

 「 針路変更! 」

 「 ウインカー? 」

 「 ・・・・・・その前に鏡見て安全確認しなきゃ! 」

 「 えーと右側見て後ろ見て・・・・・? 」

 「 うお。車両通行帯はみ出た!」
 
 「 ウインカー!ウインカー! 」

 「 うおおおお。もうカーブかよ!(減速できてない)」

 「 お・・・・おりゃああ( 4速で90度カーブに突入←ブレーキ踏めない←パニック ) 」




 大忙し。





















 2段階では、

 醜態のバーゲンセールみてえな状況であったが、

 一番最悪だったのは、

 交差点の手前に違駐してた大型トラックの後ろで、

 「 信号が青になるのをずっと待ってた 」という失態であり、

 教官は、

 「 君は前見てるのか?」と、

 ラジカルなことを言われたりした。





 










 屈辱の日々であったが、

 このキカイを逃すと、

 とうとう無免許のまま生きる羽目になりかねないので、

 小生はガンガッタんである。






 ちなみに、

 先代の鰐口である小生の親父は、

 学生時代、

 教習所で案の定ブチ切れ、

 自主退学しており、

 さらに社会人になってからも

 途中で免許取得を投げ出しており、

 血統的に小生が無事に免許を取得できたのは、

 ロバがG1を完走したくらい奇異な始末といえ、

 もっというと、

 珍念も、

 うちの親父と同じようなことをやっていた。(どかーん





 珍念は、

 2度、

 入学しているはずだ。( どっかん

 

 
 

 
 ざまあみろ、珍念。






 

 






 
 というわけで、

 小生は、

 なんとか免許をとった。



 将来、

 これで、

 出雲大社に、

 家族を乗せていくのである。































 とても天気のいい日に。

 ロックを聴きながら。
 
[PR]
by 201V1 | 2006-02-25 00:05 | カテゴライズ前・生ログ
スリリング・スリーピング・カッケ


 小生は、

 イツの頃からだか、

 睡眠中、

 大騒ぎしてしまう。( 頭おかしい人みてえ





 蹴りに酷似した、

 カッケ(下段かかと蹴り)が、

 睡眠中に無意識に繰り出され、

 蹴った本人、

 魂消ること、

 必然。

 毎度、

 何が起きたかと愕然とする。




 ビグッ!



 

 うぎゃあ。






 蹴っ飛ばしが起きるたび、

 心筋が梗塞しかける。

 俺が爺さんなら、

 筋肉が弾けた衝撃で、

 勢い死ぬ。



 そのぐらい、

 急速な蹴りであり、

 蹴った本人はともかく、

 仮に誰かに当たろうものなら、

 痛いの痛くないのって痛いに決まっており、

 小動物なら、

 たぶん死ぬ。





 昨日、

 この表題のカッケを、

 またやった。



 
 身重の妻に、

 そのことを告げると、

 「 よくある 」んだそうで、

 俺ぁお腹に子供の入っている妻の身を思い、

 やおら戦慄したが、

 カッケは決まって、

 小生が単独で睡眠に入っているときらしく、

 彼女いわく、

 小生は彼女と一緒に寝てるときは、

 無意識にキックを押さえ込んでいるとのことで、

 小生は、

 殊勝じゃん、おれ、

 とか思ったのだが、

 「 でも、エルボーは喰らったことがある 」とか妻が付けたしたので、

 へこんだ。





 






 
 




 

 






 
[PR]
by 201V1 | 2006-02-19 23:00 | カテゴライズ前・生ログ
お腹が空く匂い

 小生には、

 秘密がある。


 

 生ゴミ

 オナラ

 下水



 の匂いを嗅ぐと、

 本能的な空腹を覚えるという、

 性癖である。



 とにかく、

 生ゴミの腐敗臭(うすめ)、

 メタン(硫黄含む)のスメル、

 下水(及び汚水)の香りを嗅ぐと、

 お腹が空くんである。



 「 いいにおいだなあ 」とか、

 「 おいしそうなニオイ! 」とかは、

 ぜんぜん思わないのだが、

 兎にも角にも、

 上記のニオイを嗅覚が探知すると、

 発作的に飢餓感に襲われ、

 食欲が爆発。

 満腹中枢が麻痺する。






 まぁ、

 正直なところをいうと、

 小生は、

 ごくごく最近まで、

 全人類が、

 「 そう 」なんだと思っていた。




 が、

 妻に、

 「 そんななのは、多分、貴方だけ 」と言われ、

 「 まじかよ??? 」ってんで、

 今日、

 ブログに書いている。






 「 誰か、ほかに、オナラ・下水・腐敗臭を嗅ぐとお腹が空く人、いませんか? 」





 これが趣旨だ。

 この記事の。(前代未聞の趣旨





 というわけで、

 これについて、

 諸君の協力を求むることに、

 小生が決めたので、

 皆は全員、

 協力するように。




 「 だれかほかにいませんか?」






 ウオンテッドである。






 見つけた人には、

 2マラウイクワッチャ進呈する。

 マラウイクワッチャはマラウイの通貨の単位だ。

 マラウイは、

 モザンビークの隣国だ。(どこ?







 

 




 
 




 じゃあな。(ぞんざい万歳
[PR]
by 201V1 | 2006-02-13 21:56 | カテゴライズ前・生ログ
ばとん
『』穴埋めバトンというのが回ってきたかなり前にな。





1. PCもしくは本棚に入っている『ブログ』

まぁ、いろいろ入っちゃいるが、
当該ブログはいろいろな意味で、
良しにつけ悪しにつけ波及効果のあるブログだので、
危険なのでリンク先は公開していない。
なんでって、
小生は2ちゃんとかと抗争するからである。(馬鹿

そんな中、
小生が最近ハマッているのは、、
工房時代にバナーを製作したブログの相当数が、
事実上すでに活動を停止ないし休眠しているという香ばしい事実に対し、
俺の所為か?呪いか??とか一瞬脳裏をよぎる想いに、
やおら蓋をすること。

諸行無常のしょじょじの庭。

ぶんぶくちゃがま。

まいちんぐ、まちこ先生。(たまにブワッて脳内TVに映るの。誰のって俺の!





2. 今妄想している『ブログ』

  >般若賃貸・明王不動産<

 落ち着いたら、追って沙汰するので放っておけ。
 


3. 最初に出会った『ブログ』

 >低空飛行テンション<

 小生は、最古参の読者であった。
 まぁ、
 なんつうか、
 黎明期のあそこは、
 間合い地獄の様相を呈しており、
 切羽詰ったいい感じであった。
 その距離の詰め方保ち方には冷や汗を握るものがあり、
 下手なサスペンスなんかより、
 まったくハラハラしたもんである。
 


 
4. 特別な思い入れのある『ブログ』

 今は亡き災害復興支援団体のブログですね。

 小生が抜けたあと、
 外部の馬鹿(特定済み)がパスワードこじ開けて不当に消しやがったんだが、
 復旧の方法があったのに、
 それを団体に残ったメンバーが「めんどくせえ」ってんで放置したので、
 結果ロストしたままになっちゃったってのが顛末のブログですな。

 いろんな意味で極めて遺憾としか書きようがねえラストだが、
 まぁ、
 思い入れはヒトシオです。
 消されたと聞いたときには、
 自失した。
 記憶を奪われたみたいな気がした。
 さらに復旧がされないと聞いたとき、
 すげえ頭にきたのを覚えている。
 なんで手間さえかければできるものを復旧しねえんだと沸騰した。
 
 和魂要塞より、
 ある意味では、
 小生が想いを注いだブログであった。
 
 今は、小生の記憶の中に生きている。


 

 
 バトンは読んだ人たちに。

 誰とは言わぬ。

 我が先を行け。



 お題は、>特別な思い入れのある『 齢 』<DE!


 でわ。



 
[PR]
by 201V1 | 2006-02-06 21:27 | カテゴライズ前・生ログ