<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
スプリング引越し

 びょいんと引越し!

 スプリング!

 リキシマン、五体四散!(解らなくていい



 というわけで、

 やおら古都への引越しが迫っている。



 
 やっほう。




 小生のお勤め先の関係で、

 住まいと会社との距離を、

 ドアトゥドアで10分にするための転居であり、

 山や海の間近で子育てをしたいという、

 夫婦のささやかな陰謀である。




 何を隠そう小生は、

 夫になった日ふわりと無職であり、

 父になることがわかった日も俄然無職であり、

 まぁなんというか、

 復興支援の後遺症と

 ゲーム業界とのパイプの祟りとで、

 両日ともに、

 「 不適切な身の上 」全開であったわけで、

 コンクリートジャングルのプーさんだった。

 





 おいおいおいおい。

 大丈夫かよお前。(全然大丈夫ではない







 というわけで、

 上記のような不適切な状況から、

 小生のカムバック戦の火蓋は切って落とされ、

 手始めに運転免許を取得した後は、

 社会復帰のための再就職活動を展開していた。

 人生は火事場である。(燃えろ俺様






 正味2ヶ月の転職活動であったが、

 3月の頭に、

 勤め先が目出度く決まった。





 転職に際し、

 小生は、

 今回、

 身の程もわきまえず、

 かなり五月蝿く注文をつけた。





 アニマルランドの二の舞だけは、

 断じて御免こうむるというのがその理由であり、

 アニマルランドから分離独立した昔日の仲間からの執拗な誘いは、

 月給こそ大変に魅力的ではあったが、

 どうせ残業200時間は火を見るより明らかなので、

 その手に乗るかと気前よく蹴っ飛ばし、

 今回の職業選択に際しては、

 「 人間的な暮らし 」を重点に置き、

 腐れ縁を無視し勝手に再就職先の吟味に入ることにした。




 
 ビー○ング。

 デゥ○ダ。

 インテ○ジェンス。

 エンジャ○ン。




 小生は営業なので、

 云ってみれば再就職先は無限にあるといえる。

 年齢的にも売り時だ。

 反面やはりネックになるのは学歴であり、

 最終学歴暗黒大陸という履歴は文字通り極悪で、

 これが仇で結構な求人が応募前になかったことになるのだが、

 今回の要点は非大卒のハンデがどうとかいう、

 どうでもいい話ではなく、

 実際に調べてみて露呈した

 求人情報誌にはびこるDQN企業の量である。





 営業職の求人。

 このうちの8割以上は、

 定着率が異常に低いことが背景にあって掲載されており、

 離職率が天文学的にヤヴァイ営業職なんである。







 簡単に言うと、

 経営者が打ち出したビジネスモデルの絶望的な破綻を、

 社員達が己の良心と健康とを犠牲に購い、

 累々たる営業マンの屍を越えて、

 日々の売り上げが計上さている企業が、

 活きのいい奴隷を仕入れるために募集広告を乱発し、

 それによって上記の求人情報誌の営業職欄は、

 年中盛況なわけで、

 ヘラヘラしていると転職希望者は地獄を見ることになる。





 この点はFCも一緒だが、とどのつまりは社畜万歳である。泣





 というわけで、

 小生は、

 こういう恐ろしい会社の罠にかからぬよう、

 細心の注意を払い、

 このたびの社会復帰の先を吟味した。




 
 
 結果、

 決まったのが、

 今度の古都・鎌倉の会社である。

 勤め始めて見なければ真の実態は判明しないが、

 優良企業の公算大とみて4月頭からの就労を小生は決めた。




 所在地に加え業種を明かすと、

 企業名が瞬時に特定されるほど、

 レアでニッチでレトロな業界なのでこの公表は控えるが、

 この業界はガリバー企業が未だ不在であるため、

 小生のような営業にとっては文字通り、

 「 これからが勝負 」という戦さ働きの甲斐のある戦場といえる。





 扱う商材は、

 「 たとえなくても毛筋ほどの支障も不便もないが、なきゃないでいつか絶対滅法困る 」

 という無茶な性質を持つリアルな品であり、

 >所有しない贅沢・感知しない自由<という小生の最悪な趣味とすら、

 相性がまんざら悪くないという滅多なもんで、

 暴利の割りに適正価格という妖怪みたいな代物だ。

 地に足のついた商材というのは、

 営業マンにとって希求し続けるもののひとつといえるが、

 こいつはまさにそのうちのひとつと言っていい。

 




 

 年間休日は120日。

 年の3分の1は遊んでいるという、

 いつ働くの?みたいな休日数である。

 またサービス残業に関しても、

 コンシューマー向けコンサルティング営業という職種上、

 ねじ込む余地があまりない。(派遣業とかと比べて

 家族のために使える時間はかなりのものと推定される。

 ※ 自宅から職場まで10分だしな。←反則



 

 引越しまで、あとわずか。






 とにかく荷造りを進めようと思う。





 我が子の対面まで、あと5ヶ月。

 夏が終われば、

 親父としての季節が始まる。

 
[PR]
by 201V1 | 2006-04-01 23:08 | カテゴライズ前・生ログ