<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
この間のお話

 ご豚さです。

 和魂です。

 











 もはや更新の気配が微塵もねえ当該ブログですが、

 いろいろあって、

 そろそろブロがる暮らしが復活の兆しな昨今、

 新妻とミツケンが鶏八とともに我が家に来ました。





 うち、

 y染色体の含有率が50パセントの2人は、

 24時間以上いました。(どかん





 というか、

 そのうちの妖精に近い方に至っては、

 6・7月における延べ要塞逗留時間が300時間以上であり、

 ガスとかも含め、

 うちの家計に甚大な被害がでているのにも関わらず、

 あろうことか、

 飯を毎回馬鹿みたいに食べやがり、

 さしあたって、

 親ァ、出て来い。















 







 ボランティアじゃねぇんだぞ。(←重くて暗い



 

























 しかしながら、である。






 相手は未成年の不労者であるし、

 大体にして地球規模の浮浪者でもあるし、

 畳み掛けに現役の性的不能者でもあるしだしで、

 まぁ、

 なんというか、

 ぶっちゃけ駄目の三重苦であり、

 彼の基本コマンドの、

 居候とかキセルとかは、

 相対的には瑣末な不埒なので、

 最早全体的に親の責任とかいう次元ではない感じで、

 鶏八は、そういう感じでした。(報告終わり)














 ミツケンとは、

 そういえば会うのは2度目とかなんですが、

 まぁ、

 普段、

 近所に住んでる感があるのが違和感のしねえ、

 爽快な男児でした。






 多分、

 双方ともに、

 彼も小生も、

 それぞれに、
 
 地雷系ロマンスを経て、

 28と29になってるからなんでしょうなあ。(しみじみ























 ミツケンよぉ、






















「 悪夢とか見ねえ? 」




 











 新妻さんとは3度目の邂逅なわけだが、
 
 小生の記憶が正しければ、

 電脳上では、
 
 ヨル・ミツケン・鶏の3人より、

 出会いは古いんだったはずで、

 全体、

 いつぐらいから、

 うちらがツガイになるのを予測していたのか、

 毎回聞きそびれていることに、

 毎回嗚呼と唸るわし。









 なんつうか、












 三人が三人、

 また近いうち会いたい面子で、

 飲めてよかったと思う今日。























 伝説の㈱アニマルランド(社畜の王国 の意)から3年前に分派した、

 ㈱デスコム(デス・コマンド=死兵 の意)に移り、

 再びコンクリートジャングルに戻るまえに、

 古都鎌倉の緩い空の下、

 彼らと飲めていい思い出ができた。



















 さらば鎌倉。











 いざ、故郷の戦場へ。


















 ビバ・決戦販売!







   前傾姿勢で三十路を攻めろ  

 

 
 
















 カーブミラーなんてのは、

 曲がった後での見るもんだ 。
[PR]
by 201V1 | 2007-07-24 01:23 | カテゴライズ前・生ログ